借金 滞納

本当は陥りやすい借金滞納

物思いにふける

消費者金融などの貸金業者やクレジットカードなどの信販会社からの借金返済に行き詰まった。

 

こういう「借金滞納」って、実はとても身近に起きていることなのです。

 

 

仕事を辞めることになってしまった、または給料が大幅に減ってしまった、というのは誰にでも、すぐにでも起こりうる本当はとても身近なリスク。
まさか自分が月々返済できないことになるなんて・・・現状で想像できないことが、いとも簡単に現実になってしまいます。

 

多少手持ちのお金があっても底をつくのは時間の問題です。
借金が返済できないとなって、いわゆる滞納が始まると、実際どうなるのというと順序は業者によって異なりますが・・・

 

  1. 催促の電話でいつまでに返済できるか確認
  2. 督促状が郵送され、このままだと一括返済の予告
  3. 業者によっては取り立てや状況確認のために自宅へ
  4. それでも返済がなければ残債の一括返済請求
  5. 業者が簡易裁判所へ申し立て裁判所より呼び出し
  6. さらに滞納が続くと強制執行(給与、財産の差し押さえ)も

 

業者によっては違いますが、返済できない状態が続いていると、中にはまれにですが自宅に取り立てにくる業者もあります。
返済が滞ると概ねこのような段階で進んで行きますが、こんな事態を避けるために私たちができることは何でしょうか?

 

 

具体的な対策は

 

振り返る女性

借金をひとまとめにする「おまとめローン」ですが、すでに借金の滞納が始まっているとすれば銀行などの「おまとめローン」の利用は難しいでしょう。

 

利用できれば、金利を抑えられたり得する人もいますが、返済がさらに長期になったりして、返済総額が逆に増えてしまうケースも少なくないのです。

 

さらに「おまとめローン」はかなり貸付条件が厳しいのです。利用できるのは返済できない状況になる前の早い段階で先手を打った方限定と考えたほうが良いです。

 

返済不能になった、またはなりそうな場合の対策にはその他にもいくつか考えられます。具体的な解決策をいくつか上げてみると

 

 

親に借りる

もし可能であれば親(またはそれに準ずるお金を借りられる人)に頭を下げて、まとめて立て替えてもらい一括返済できればベスト。大事なのは一括返済すること。その場しのぎで今月分だけを借りる、と言うのは必ずまた同じ状況になってしまうのでダメです。立て替えてもらったお金はなるべく早く返し、同じことを繰り返さないのはもちろんです。

 

アルバイト、副業で稼いで返す

現状の収入では返済できない額の借金返済法としては王道、自力で返すのですから最も真っ当な方法といえるでしょう。
しかしサラリーマンとしてフルタイムで働いている人にとって現実にはとても困難な方法といえます。

 

債務整理など

つまり法的に解決していくこと。借金の額が大きい、収入の増加が見込めない、また上記の2つの方法で返済できない場合はこの選択肢があります。

 

実はこういう立場の方が一番多いのが事実です。
返済のメドが立たない場合は借金問題に強い弁護士に相談して今後のアドバイスをもらうのがいいでしょう。
現在はほとんどの法律事務所で無料で相談に乗ってもらえます。

 

いちばん手軽にできるメール法律相談はこちら↓匿名で利用できるのが大きなメリットでもちろん無料です。
自分のケースだと、どんな解決方法があるのか、それだけでも聞いてみたい、という方におすすめです。

 

4つある債務整理の方法

自分で返済可能な限界を超えてしまった借金問題の解決方法である債務整理ですが、4種類の債務整理の方法があることはご存知でしたか。

 

きっとほとんどの方が耳にしたことがある自己破産は全ての借金をゼロにすることができる方法ですが、それに伴うデメリットも小さくはありません。

 

それだけではなく他にも借金の残額を減らして返す任意整理、裁判所を介して債権者と交渉する特定調停、財産は手放さずに借金を整理する個人再生と全部で4種類。

 

それぞれ方法もメリット、デメリットも異なります。

 

なぜ4種類もあるのかというと、借金を返済できない側の事情も人によって様々であり、それぞれの状況にあった方法を選べるようになってきたということ。
実は、この4つの方法(法律)が整備されたのは割りと最近のことなのです。

 

それで債務整理をするとなると気になるのが、このことを家族や勤務先、親戚などに知られてしまうのではないか、ということですが、その心配はまずありません。

 

自己破産をする場合には、国が発行している「官報」に住所や名前が掲載されることになりますが、「官報」が一般人の目に触れることはまずありませんから、それを気にして債務整理をためらう必要はありませんし、家族や職場をはじめ周囲に何か連絡があるなどということは皆無です。

 

借金を返せるようになった女性

このことを心配している方は意外と多く、そのために二の足を踏んでいる方が少なくありません。

 

それよりも重い借金に苦しんで日々を過ごしている方であれば、得られるメリットの方がはるかに大きいと実感しているのが事実なのです。

 

これは、私の体験からの実感で言っているだけですが、返済できずにつらい思いをされている方であれば、たぶん共感いただけるはず。

 

 

それでは、上記の4つの債務整理方法について、メリット、デメリットに着目してご紹介します。
それと、これは「債務整理」の方法ではないのですが、これもよく聞いたことがある「過払い金請求」についても併せて説明します。

 

債務整理のメリットに注目したい

以上のように、それぞれの債務整理についてメリット、デメリットを紹介してみましたが、比較してみると得られるメリットに対してデメリットは小さいものだと感じるのではないでしょうか。

 

自己破産については、表現は良くありませんが借金がチャラになるのですから、特定の職種に就いていたり財産を所有していなければメリットの方がはるかに大きいと言わざるを得ませんね。

 

これは債務者である私たちの経済的な更生を図る、法的な救済策という側面も大きいからなのです。
得られるメリット、何を手放さなければいけないのかデメリットとのバランスを考えて勇気を持って利用したいものです。

 

 

 

ただ、実はみなさんの心に引っかかることは債務整理したことにより、結果的に借金を踏み倒したという罪悪感だったり世間の目だったりするのではないでしょうか。

 

真っ当な方法で返済していけない情けなさ、わだかまりであるとか、親に顔向けできないなど負い目に感じる面もあるかと思います。

 

債務整理経験者の私がエラそうなことは全く言える立場ではありませんが、債務整理した事実を周囲に知られる可能性はまずありません。
それに借金などお金の問題に限らず誰でも生きて行くうえでの失敗ってあるじゃないですか。それも1度や2度じゃないはず。

 

よく名前を聞くような成功した経営者でも破産を経験した方が少なくありませんよね。
他人の命にかかわるような取り返しの付かない失敗に比べれば、自己破産であれば、これは充分に挽回可能な失敗といえます。

 

私がイチオシの無料相談がここです。
まず自分に最適な借金の解決方法を専門の弁護士、司法書士にメール、電話でアドバイスしてもらうことが可能。
匿名で気軽に利用できるのが最大のメリットです。

 

私の債務整理体験 - 専門家の助けで復活中です

 

多重債務への道・・・わたしの大失敗

借金に頼りきってしまい・・・やがて

 

いつしか常習的な滞納

相談に行った事務所では

 

結果として得た教訓