自己破産とは

自己破産とは

自己破産の闇に踏み込む勇気

 

自己破産という言葉をご存知をご存知の方は多いと思います。おそらく多くの人が聞いたことはあると思いますし、大体どのようなものかは想像できるという人が多いと思います。

 

しかし、どのような条件で行うことができるのかということや、自己破産するとどうなるのかということなど具体的にはわからないという人が多いと思います。

 

ほとんどの人達にとって普段は無縁のものですから当然です。現在、カードローンやキャッシングを利用しているなど、借金をしている人であっても、自分は破産することだけはないと思っている人の方が多いと思います。

 

しかし、実際に自己破産をした人も、カードローンやキャッシングを利用する際にそうなるとは夢にも思ってなかったという人がほとんどだったことでしょう。

 

これからカードローンやキャッシングを利用する人はどのようなものかくらいは知っておく必要があるとおもいますし、既に利用している人も知っておくべきだと思います。返済が思うようにいっていないという人であればなおさらでしょう。

 

良い点も悪い点もある

 

借金の返済が難しくなってきている人のなかには、自己破産をしたら人生もう終わりだというイメージを持っていて検討することをしなかったり、借金返せなくなってもいざとなれば借金をチャラにしてもらえるからいくら借金をしても大丈夫だろうという間違った認識を持っている人も少なくないと思います。

 

そのような人達はまずは正しい知識を持つことが大切になります。正しい知識をもって、メリットやデメリット両方を知った上で自分はこの制度を利用するべきかを判断する必要があります。

 

また自己破産の制度を利用しようということになった場合、どのように手続きを進めていけばよいのかということや、今後の自分や家族の生活はどうなるのかなど、わからないことばかりだと思います。

 

そもそも自分は制度を利用する資格があるのかもわからないという人が多いでしょう。

借金をすべて免除される方法

もう限界なので自己破産かな

 

債務整理の方法はいくつかありますが、その中で自己破産は一番効果が高い債務整理の方法といえます。なぜなら、その人の負っている債務の全てを消滅させてしまうためです。

 

自己破産は債務のすべてが免除される債務整理ですから、他の債務整理方法と比較してもっとも効果的ではありますがメリットとともにデメリットも大きいものがあるのです。

 

効果が高い債務整理の方法

自己破産は債務を全部年除されるという効果が高い債務整理の方法です。そのため、支払がきついから自己破産をして支払を全てチャラにしたいと軽い考えで自己破産をしようとする人もいます。

 

しかし、借金をチャラにする以上は、それなりのペナルティがあり効果に対して相応の重さがあるといえます。官報に氏名が載ったり、高価な財産を全て没収されたりするのです。

 

債務は全額免除

とはいえ、自己破産を申請すると借金の全てがなくなってしまうことは間違いありません。事情はいろいろでしょうが、借金が多すぎて一生かけても返済できないような人、最低限の生活も維持していけなくなってしまった人に返済を強要しても意味がないでしょう。

 

そんな人にとって、自己破産は非常に効果的、かつ合理的な債務整理の方法です。そして、自己破産を実行することで、その人の人生を再出発させることができます。

 

自分の財産は全て没収

ただ、お金を貸した側、つまり消費者金融や信販会社大きな損失を被ることになりますから借りている人にばかりメリットが有るわけではありません。債権者は自己破産を申請した人の全財産を売却し、そのお金を分配します。

 

もちろん生活に必要な最低限の資金、例えば100万円未満の預金や現金などは残しますが、新車や自宅などは没収されます。

 

自己破産するにもそれなりの計画性を持って、自己破産後の生活を維持できるように考えるのが普通ですが、下手をすると一気にホームレスになる危険性があるわけです。また、自己破産には以下のようなリスクもあります。

 

債務の選択はできない

 

自己破産すべきか悩む

 

自己破産は自分の債務の全てがなくなるため効果的な債務整理の方法です。しかし、借入先の中にはきちんと返済しないと問題が生じるケースもあります。

 

例として挙げられるのが職場からの借金です。友人などから借りているお金も同様です。

 

すべての借金が対象

自己破産はきちんと契約した借用証書などがあるのに、その契約を無視して借金を消滅させる手続です。自己破産を申請する人はメリットがありますが、貸した側は大損害でしょう。

 

しかし、一部の債権者だけが負担を強いられるのは合理的ではありません。負担を強いるのであれば、その負担も平等にさせる必要があるのです。

 

自己破産が債権者に対して負担を強いることになるため、全ての債権者が平等に損失を受け入れるようにしています。

 

職場からの借入があるとやりにくい

職場の福利厚生制度でお金を借りている人が自己破産をすると、職場から借りていたお金も免責の対象になります。ただ、勤め続けるつもりであればこんなことは避けたいでしょう。

 

しかし、自己破産は債務の選択ができないので個人間の借金と同様に、このような不都合な借金もすべて自己破産の対象となってしまいます。

 

就業の制限があるケースも

 

自己破産の手続き開始から免責が決定するまでの数ヶ月間ですが、就業できる職業、資格が制限されるものがあります。

 

身近なところでは保険の外交員や警備会社に勤めるいわゆるガードマンも手続き期間中は就業することはできません。

 

特定の職業に限られますし、手続き中の数ヶ月間で過ぎて裁判所からの免責決定となれば、その後はもう職業の制限をされることはありません。思い当たる方は自己破産手続きを始める前に弁護士などに確認してみると良いでしょう。

 

デメリットも大きなものが

 

このくらいの金額になります

 

このように自己破産はメリットがあるように見えても、隠れたデメリットがあります。官報に載ることも一つのデメリットですが、これは現在の官報はネットを通じて過去に発行された官報も閲覧できるため半永久的に残ることから、昔に比べると大きなデメリットとなっています。

 

とはいえ膨大な数の過去の官報の中から人の目に触れる機会を考えた場合、その可能性はごく小さいと言えるでしょう。それでも、債務整理を多く手掛けている弁護士は、できるだけ自己破産を避けようとしています。

 

他の債務整理の方法も検討しよう

債務整理は自己破産だけではありません。効果は大きいものの、デメリットも少なくないのです。

 

債務整理ではなく効果は劣るものの、デメリットがほとんどない任意整理で対応できるのであれば、その方がいいです。また、住宅ローンが残っている人は住宅ローンだけ除外できる個人再生という債務整理の方法もあります。自己破産だけではないのです。

 

メリットとデメリットのバランスを考える

自己破産をすると官報に載ると言われても、官報など誰も見ないと言われるかもしれません。しかし、先ほど述べたように、現在はデジタル官報ですから銀行や興信所などは登録さえすれば、過去の官報を全て手軽に検索できる体制となっています。

 

それが気になるところかもしれませんね。しかし、膨大なデータから特定して自分の記録を見られる可能性は極々低いと言えます。また、手放さなければいけない大きな財産を持っていないのであれば自己破産もそうハードルの高いものではないのでは、と思われます。

 

判断は専門家に相談してみることも

 

わたしたちプロにおまかせを

 

自己破産は、大きなメリットがあるものの、このようにデメリットも少なくありません。無理に自己破産を強行したものの、後で職場の人間関係が悪化し、職場で勤め続けることができないこともあります。官報に載ったばかりに近所の噂となり、引っ越しとをせざるを得なくなってしまうこともあります。自己破産には意外と大きな落とし穴があるのです。

 

自己流の判断は危険

最近は裁判所などで自己破産の手続を手伝ってくれたり、弁護士に自己破産させてくださいと頼みに行ったりすることもあるようです。しかし、ここまで述べたように自己破産は危険がいっぱいです。自己判断で軽々しく実行してはいけないのです。

 

弁護士の初回相談は無料

自己破産に限らず、債務整理は弁護士に相談して、アドバイスを受けることおすすめします。弁護士への債務整理に関する初回相談は無料の場合がほとんどです。

 

気軽に相談できますから自分で決めつけるのではなく、一度プロのアドバイスを受けてはいかがでしょうか。自分では考えなかった最適な方法が見つかる可能性もあるからです。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

 

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

自己破産とはどういうこと?記事一覧

借金を返す能力がない時に自己破産をします。ただ、健康で働いているのに30万円の借金を返せないから即、自己破産を選ぶというのはちょっと待って下さい。金額は少なくても月々決まった給料をもらっているなら、少額でも毎月分割して返済するなど方法はあります。どうして良いかわからないなら弁護士事務所などで借金問題の無料相談をしていますから聞いてみるのが良いでしょう。あなたの収入や借りている相手によっても対応が変...

自己破産は債務整理の中でもウルトラCクラスの救済手段で、自己破産を申し立てることが出来れば、それだけ返済不可能な借金を背負ったという事になります。それだけ借金が出来るということは、それだけ社会から信用があったという事ですので、評価されるべき話なのですが、残念ながら自己破産を申し立てした時点でその信用は完全に失われます。さてこの自己破産というのは単に弁護士事務所へ申し立てて手続きをして、終了というよ...

収入が少なくなったりなど様々な理由から、この先借金を返していける見込みが無い「支払い不能」の状態に陥った時に最終的な手段として自己破産をすることになります。この支払不能の状態というのは、返済している人、つまり債務者の状況によって判断の基準が違ってきます。負債の総額、収入、財産などをトータルで判断し支払不能なのかを判断するのです。自己破産とは裁判所に「破産申立書」を提出し「免責許可」をもらうことで、...

金融機関が審査を行う時に利用する信用情報会社には、自己破産者になったことが5〜10年は残り、クレジットカードなどが使えません。信用情報会社に名前が載ることをブラックリストといいますが、ここに名前が載ると金融商品の審査に通りにくくなってしまいます。自己破産者になって、返済の必要がなくなっても、社会的な信用がなくなってしまいます。7年が法律で定められた期間ですが、それ以後も審査のハードルは上がるでしょ...