自己破産後の融資は受けられる?

自己破産者は融資を受けられるのか

お金を借りたいけれども

 

金融機関が審査を行う時に利用する信用情報会社には、自己破産者になったことが5〜10年は残り、クレジットカードなどが使えません。
信用情報会社に名前が載ることをブラックリストといいますが、ここに名前が載ると金融商品の審査に通りにくくなってしまいます。
自己破産者になって、返済の必要がなくなっても、社会的な信用がなくなってしまいます。
7年が法律で定められた期間ですが、それ以後も審査のハードルは上がるでしょう。

 

ヤミ金融でなければ、自己破産者に融資をするような金融機関は存在しないようです。
高い利息で借り入れをさせる闇金融しか自己破産者の融資はしてくれないといえるでしょう。ただし、ヤミ金の利用はご法度と言えます。
今後自動車や住宅の購入のためにローンを組みたいと思っても、自己破産者であればそれもできなくなります。
自己破産者になるのは最後の手段として、融資の返済ができないかを優先して考慮する必要があるでしょう。

 

自治体の相談窓口で、返済手段を相談するというやり方もあります。
一度でも自己破産者になったことがある人は、同じことを二度起こさないように注意することです。
家族や親しい友人、連帯保証人があれば、それらの人などを巻き込んで自己破産者になっているということを肝に銘じましょう。
安易に融資を受けて自己破産者にならないようにすることがなにより大切です。

自己破産 闇金の融資に注意

自己破産者の場合、再びローンを組む時には闇金融を利用してしまうケースが意外と多いのはご存知でしたか?
なぜ、闇金融から破産者は融資を受けることになりやすいのでしょう。
破産者の名前は、国の出す機関誌(官報)に載りますので、そこをチェックすればどんな人が破産者になったかがわかります。
破産者に対して融資の案内を電話で行ったり、ダイレクトメールを送ってきたりします。

 

しかし日常的に官報に目を通している人はまずいませんので、そのことが知られる危険は一般的にほぼありません。
闇金業者にとって破産者は格好のターゲットなので毎日のようにチェックしているといっても過言ではありません。
クレジットカードも持てず、キャッシングも利用できず、それでいて現在返済中のローンが何もないのが破産者という人たちです。
金利面で厳しくても、破産者でも融資が可能という話は、お金を借りたい破産者にはいい話です。

 

闇金融からすれば、破産者はとてもいい客なのです。自己破産を経験した人は、その直前までは月10万の返済をしていたりもするものです。
破産者になった直後であれば、返済しなければならない融資は〇円ですので、改めて融資を受けるように誘導できさえすれば返済の確実性は高いと見込むこともできます。
闇金融から借りるかどうかという問題以前に、破産者になったならば新たなローンは利用しないでいるべきです。
絶対に闇金の融資には関わらないという強い意思を持つことが破産者にとって大事なことなのです。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

自己破産を選択すべき時
債務整理は大きく分けて4種類の方法がありますが、最後の切り札とも言えるのが自己破産。デメリットやリスクなどから踏み切れない方も多いですが状況をよく見極めて決断すべきです。ただ「破産」というイメージだけで敬遠するより無理せず自己破産を選択すべき時もあります
自己破産最大の目的は免責
自己破産はいくつかある債務整理の中でも返済が全て免除される「免責」が一番の特徴となっているものです。返済の総額に対して収入が大きく不足しているのなら選択すべき手段です。
自己破産のメリット、デメリットとは
自己破産はいままでの借金を帳消しにできるのが最大のメリットです。大きなメリットと引き換えにデメリットもそれなりに大きなものがあります。