自己破産を選択するケースは

自己破産について

自己破産はよく考えて

 

借金を返す能力がない時に自己破産をします。ただ、健康で働いているのに30万円の借金を返せないから即、自己破産を選ぶというのはちょっと待って下さい。
金額は少なくても月々決まった給料をもらっているなら、少額でも毎月分割して返済するなど方法はあります。どうして良いかわからないなら弁護士事務所などで借金問題の無料相談をしていますから聞いてみるのが良いでしょう。

 

あなたの収入や借りている相手によっても対応が変わってきますから、一人で悩まずに相談することです。相談するのはお金の問題を解決するプロですから最適なアドバイスを貰えるでしょう。
問題なのは収入に対してあまりにも大きな金額を借りていて返済するめどが立たなくなってしまった時です。具体的な例で言うと何社ものクレジット、ローンをかかえた多重債務の状態になってしまった、という時です。それでも返済を続けられる収入があるのなら大丈夫なのですが、年収300万円で借金が500万円となるとどうでしょう。
これでも実家にいて家賃、食費など生活費はほとんどかからないのならなんとかやっていけるのかもしれません。しかし、一人暮らししていたら、また、仕事を止めざるを得なくて収入が激減してしまったら深刻です。

債務整理の決断と自己破産の選択

返済が遅れたりして滞っているのなら、もう債務整理の決断をすべき時でしょう。
この状態が続くのは最悪差し押さえなどの危険がありますし、もし今月は払えたとしても急激に収入が増えないかぎりまた同じことの繰り返しになってしまうでしょう。
そして、上記のように収入に対して債務の金額が大きすぎるのであれば、自己破産を選んだほうが良い場合があります。

 

破産という言葉のイメージもあり、なかなか踏み切れない人も多い自己破産ですが、これも考え方によってはこちらのほうが現実的なケースが多いのです。
自己破産せずに任意整理で借金を減らし、返済を続けていこうと考えた時、ギリギリの生活を続けながら数年間は返済を続けることになります。
それより、自己破産により現時点で債務をゼロにして、わずかでも貯蓄など少しでも経済的な余力を持っていたほうが安心という考え方です。
これは、自己破産にしても任意整理にしても、債務整理をすれば向こう数年間はクレジットやローンの利用ができないから、まとまったお金が必要になった時に備えるという意味が大きいです。

 

わたしにも経験があるのですが、まったくお金が無いために、知り合いの冠婚葬祭のお金も包めないなどという取り返しの付かない失礼もせざるを得ないことがありました。
そう、本当に身から出た錆とはいえ、なにごともお金がなくては身動きひとつ取れないのです。

債務整理でこのカードを切る時

自己破産の手続きについて

 

債務整理には債権者と一緒に今後の返済計画について話し合う調停や、裁判所が債務管財人となりこれまでの借金を整理していく任意整理といった方法があります。
いずれの方法も利息を支払う、支払わないという違いはあれど最終的には借金を返済する事になります。

 

しかし債務整理の中で唯一借金を全額棒引きにする手段があります。これが自己破産です。
皆さんも自己破産という言葉くらいは聞いたことがあるかと思いますが、自己破産は裁判所の命令により、債務者の作った借金を全額消滅させることの出来るウルトラCのようなカード。
これを切られると債権者は泣き寝入りするしかなくなるという債務者にとって最強のカードになります。

 

ただ自己破産は、債務整理のプロセスの中での最終形の名称であり、この自己破産というゴールにたどり着くにはいくつもの過程を踏まなくてはなりません。
その過程を踏まえて自己破産は完結しますが、ではどんな人が自己破産できて、自己破産をする上での条件というのはどのようなものになるのか?
またどうして債務整理の中で自己破産が最強のカードと言わるのかをこれから詳しく説明していきたいと思いますが、ただ一つ言える事はこのカードを切ると、これまでのような多重債務生活から完全に解放されます。
例えるなら人生のリセットに匹敵するくらいの大きな変化が待っているのです。

最後の手段といえる自己破産

債務整理の手段の中での自己破産は少し特殊です。特殊というより救済不能な債権という認識が正しいかもしれません。
わかりやすく説明すると例えば年収300万円の人が10件600万円の借金を作ったとして、その借金をどれくらいの期間で完済できるか?
またはそもそも完済可能かというと、可能性は非常に低く限りなくゼロに近いのが現状です。
これを返済リスクと言いますがこの返済リスクが高い人は、借入可能額も低く、あらゆる貸金業者から申し込みをしたとしても返済は極めて厳しくなることが予測されるため、本来は貸し出しできません。

 

つまり返ってこない可能性が高いので貸したくても貸せないのです。
そういった状況の債務ですから、既に返済不可能なくらい巨額の債務になっていますから、この時点で何らかの整理が必要です。
しかもその整理も返済方法についての相談というより、破産に向けた資産償却に関する話になってきます。
このステージに来ると自己破産になります。
自己破産とは絶対返済不可能なくらいにまで膨れ上がった借金を整理する際に使う手段であり、その基準に達するまで破産の申し出はできません。

 

また申出をしたとしても判定する裁判所がダメと言って却下する事もありますので、必ずしも破産は誰でもが出来る方法ではありません。
債務整理の中でも返済を目指した方法というより、焦げ付き借金の債務処理に近いかもしれません。
自己破産は失う物がいろいろありすぎますが、そのリスクと精神的負担に耐えられる人だけが自己破産を申し立てることができます。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

自己破産最大の目的は免責
自己破産はいくつかある債務整理の中でも返済が全て免除される「免責」が一番の特徴となっているものです。返済の総額に対して収入が大きく不足しているのなら選択すべき手段です。
自己破産のメリット、デメリットとは
自己破産はいままでの借金を帳消しにできるのが最大のメリットです。大きなメリットと引き換えにデメリットもそれなりに大きなものがあります。
自己破産後は融資を受けられる?
融資の返済に行き詰まり、自己破産者になった場合、どんなことになるのか知っておくことは大事なことです。自己破産を申し出て免責が決定した後、融資は受けられるのでしょうか?