個人再生の手続きはどうする

個人再生(個人民事再生)とは何なのか

個人再生について具体的に説明している法律家

個人再生とは、ごく簡単に言うと財産を処分せずに所有したまま、借金を大幅に減額して分割で返済していくものです。
債務整理の中でも、どういう人にとって有効な手段かというと、

 

  • 借金の金額が大きすぎて現状では返済を続けることができない。
  • しかし、住宅などの高額な財産を手放すことは避けたい。
  • 自己破産のように職業を制限されることは避けたい。

 

という方にとっては適した債務整理方法ですが、他の債務整理同様に条件があります。
債務(借金)は大幅に減額され、5分の1程度になりますが、そうして残った借金は3年程度での完済が可能であること。つまり返せるだけの収入が継続して得られる必要があります。
ただ、債務者の事情によっては5年程度まで返済期間を延長できるケースはあります。

 

さらに、住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下であることも条件のひとつです。
しかし事業の失敗などを除く個人での借金が総額5,000万円を超えるケースはごく僅かだと思われますので、この点が障害となって個人再生できないことはまずないでしょう。

 

自己破産のように、借金全額の返済は免除されませんが、借金が5分の1というのは、利息分の金額のみカットされる任意整理と比較して減額の幅がとても大きなもの。
さらに、自己破産では免責決定までの期間限定ではありますが、制限を受ける職業や資格があります。
一定額以上の高額な車、住宅などの財産も処分し本来返済すべき債務の一部に充てなければなりません。

 

個人再生であれば、資格、職業の制限はどの段階でも一切受けることはありませんし、返済中の住宅ローンの金額こそ減免されませんが、そのまま返済を続けながら、住宅、宅地は処分されずに所有し続けることができます。

 

関連記事>個人再生のメリット、デメリットは

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

個人再生のメリット、デメリットは
個人再生のメッリトとデメリットについてご紹介します。大幅に借金の減額ができ、さらに財産の周遊が認められる個人再生ですが、それに見合うだけのペナルティーも存在しますから、それぞれについてよく把握して手続きを進めて下さい。