債務整理のデメリット、ブラックリストとは

債務整理した場合のデメリット ブラックリストとは

ブラックリストについて説明する人

債務整理する上でのデメリットというとブラックリストといものが思い浮かびますよね。ブラックリストとは顧客情報を扱う信用情報機関に記録される「事故情報」のこと。クレジット会社や消費者金融から融資を受けると、顧客情報が信用情報機関に登録されます。

何らかの理由で返済が滞ってしまったり破産してしまうと、顧客の「事故情報」として記録されることになり、そのことを通称ブラックリストと呼んでいるのです。

 

その信用情報機関の情報は復数の金融機関などで共有しており、どこか一社でも滞納することにより、ほとんどの会社からお金を借りることができなくなってしまうのです。
業者によって基準はそれぞれ違いますが、一般的に返済を理由もなく2ヵ月間滞ってしまうとブラックリストに該当してしまうとされています。一旦名前がブラックリストに入ると、そのキャッシングの返済を終わってから5年は新規の借り入れができなくなるといいます。
一度ブラックになってしまっても諦めきれず、新規の融資を受けるためにいろいろな審査を受ける人もいます。新規の融資先を探しても、ブラックリストに入っていることがわかれば、ヤミ金融くらいしかお金を貸すところはないといいます。

 

独力で返済がしにくいと判断したら、取り返しのつかない事態になる前に行動しましょう。返済が困難になった場合には、一人で悩んでいても解決策は見つからないし、問題が大きくなるばかりです。
返済不能になりそうな時には、まずは借入をしている会社に相談をしてみるのが効果的です。毎月の返済金額を変えたり、利息を先延ばしにしてくれるなどの処置も、話の内容によってはしてもらえるようです。
新しくキャッシングを利用して返済用のお金をつくるのではなくて、現在の収入でやりくりすることが大事です。

 

債務整理によって被るデメリット

ブラックリストに載ってしまう心配

債務整理を申し立てた場合、個人は個人信用情報機関へ登録され、法人は帝国データバンクの事故情報に登録されます。

この債務整理の意外なデメリットとして、これらの信用情報機関へ登録されたことで、最短5年から最長10年間は新規の借入をすることが出来ないのです。

 

従って清算状態に入った時点で、弁護士から各債権者充てに何らかの清算状態に入る旨の通知がなされ、貸金業者や金融機関等から信用情報機関へ連絡が入ります。債務整理になった通知が行くか、官報の告知から信用情報登録が成されます。
これを一般的にブラックと呼んだりしますが、そもそも信用情報におけるブラックというものは存在しませんし、ただ自身の信用に一定期間のペナルティが課されます。

 

つまり新規の借入が一定期間出来なくなるというだけで、未来永劫その情報が残るわけでもなく、また外部に漏えいするわけでもない何かの契約でもしない限り出てこない情報です。
これが信用情報というもので、法人の場合は少々複雑ですので、一概に帝国データバンクのリストに載ったからといって会社の終わりではありませんが、個人の場合は確実に新規借入契約においてネガティブな影響を及ぼします。

信用がなくなったことで受けるデメリットとは

ブラックリストで信用がなくなった

債務整理をすることで多重債務者が被るデメリットに、信用失墜がありますがこの信用失墜もいくつかの種類に分けられます。

まず一つは貸付信用リスクといって、平たく言えば新規貸し付けをする際の審査で過去に債務整理を行ったという記録が残りますので、新規融資をしていく上でマイナス評価になります。
もう一つは契約時の保証人リスクがあります。
もし債務整理を行った後に誰かの債務保証人を依頼されたとしても、過去に代位弁済や債務整理を行った記録が審査の際に発覚すると、その保証契約自体が無効になり、本来の契約者に対して迷惑をかけてしまうことになる場合があります。

 

大きく分けると信用リスクと保証人リスクが信用失墜で受けるメリットになりますが、やはりこの中のデメリットの中で最も大きいデメリットとしては、圧倒的に信用リスクではないかと思います。
もし仮に新規でカードローンを作らなかったとしても、長い人生さまざまな所で、何らかの契約をしていく必要がありますし、その契約には多くの場合審査というプロセスがあります。

 

例えば楽器をローンで買おうと思っても、信用情報機関側での信用がないと、ローン契約はできません。車のローンも一緒ですし、教育資金の工面においても信用情報調査がありますので、場合によっては契約できない可能性もあるのです。
これが信用情報リスクといって債務整理で何らかの恩赦を受けた元多重債務者が受ける中でも、非常に厄介なデメリット項目なのです。

信用情報機関とは

信用情報機関をご紹介すると

俗に言うブラックリストとは、信用情報機関の事故情報と紹介しましたが、主な信用情報機関には、

 

 

上記の信用情報期間にはあなたについての情報が登録されています。
勝手に自分の個人情報が登録されているなんて! と思いますが、クレジット、カードローン、キャッシングなどを利用する際の約款には必ず信用情報機構への情報提供を承認することが書かれています。
利用時に約款などまず読むことはありませんが、知らないうちにコチラが情報提供を了解しているわけです。

 

私たちがクレジットカードを作ろうとしたら、まずクレジットカードを発行する信販会社から信用情報機関にあなたの情報が照会されます。
あなたの情報が先方に登録されると、過去の情報が信販会社の提供され、審査を経てあなたへの審査結果の通知となります。
問題がなければカードが発行され、クレジットの利用が可能になり、もし事故情報が提供されればほとんどの場合、カードの発行は却下となるのです。

 

つまり、一度でもクレジット、カードローン、カードキャッシング、買い物でローンを組んだりしたならあなたの情報は信用情報機関に登録されていることになりますが、それはだけではブラックリストではありません。
自分の情報が勝手に知らない場所で登録されるなんて納得いかない、となればカードやローンの利用をすることは出来ないのが現実です。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

債務整理が身近になった事のメリット
貸金業に関する法律の改正をきっかけに債務整理というものが身近になりました。つまり利用しやすい制度になったということですね。それによって利用者が得たメリットはとても大きなものだったのです。
債務整理後の生活は変わるか
債務整理後の生活は変わるかといえば、以前となんら変わりない生活をおくることができます。もちろん返済の心配をしなくて済みますが、借金に頼る部分は当然変えなくてはいけません。