債務整理後の生活とはどのように変わるの?

債務整理後の生活は変わるか

債務整理によってこれまでのライフスタイルはどれだけ変化するのかを考えてみた時、手段にもよりますがさほど大きな変化はないのではないでしょうか。
債務整理ですからこれまで借入してきたローン会社からの信用は一切なくなりますし、自己破産をすれば官報に掲載され、信用が一切なくなった事で今後は一定期間新規ローンの借入が出来なくなります。
日常生活において債務整理を行った事実をもっと市民レベルで認知度の高い媒体、例えばタウン情報誌などに掲載される訳ではありませんし、所詮官報というマニアックな法務省発行の紙面にしか掲載されません。

 

また勤め先の人にもいうことはありませんし、恐らく日常生活を送っていくにはまず不都合なことはないのではないかと思います。ただ新規のローンが組めないのは大きなダメージかもしれません。
債務整理をした年齢にもよりますが、もし20代後半くらいで自己破産くらいのインパクトのある債務整理をしてしまうと、その後40代まで家のローンが組めません。

 

一般的に住宅ローンを35年で組む際の年齢的なリミットは35歳ですので、それを超えるともう住宅ローンは組めなくなります。
つまり20代後半で自己破産をすると住宅ローンが組めない為、事実上現金一括で購入する必要性が生まれます。なので事実上マイホームを諦めなくてはならない人も出てきます。
債務整理そのものをすることは、日常生活において何ら大きな影響は起きませんが、若くして信用を失うとその後の人生において大きなダメージを被るのです。
マイホームを持つ夢

債務整理で今後の家計を見直す

債務整理についての詳細は

債務整理は人間的に成長できるというプラス効果も持っています。

債務整理によって莫大な借金をチャラにしてもらい、そして債務の額を大幅に減額してもらうなど法律の力を借りて恩赦を受けた元多重債務者は、この経験を活かしもう2度と同じ過ちを繰り返さないように今後の家計を根本から見直していく必要があります。

 

その為にはどうしたら良いかというと、手元にある資金で見の程に会った生活をしていくよう意識する必要があります。
債務整理に信用は無くしましたが、明日の命は繋止めることができました。これに感謝し債務整理以降は、質素倹約を心得ていかなくてはなりません。

 

債務整理はその手続きをしていく中で、自分を信用してくれて貸付けをしてくれたカード会社という債権者との話合いをするところから始まります。
その時、債権者からは焦げ付いた借金が返済できない説明を求められるとともに、少なくてもこの先数年間は信用情報機関には事故情報が記録されることになります。
いわゆるこれがブラックリストと呼ばれるもので、この記録が残っているあいだは社会的な信用を失っている期間とも言えます。
それを乗り越えこうして今があるわけですから、もう2度とこのような体重債務者にならない為にも、今手元にあるお金でなんとか生活をやり切ることと、決してお金を安易に借入しないという強い意思が必要です。

 

債務整理以降は、最短5年最長10年の新規借入が出来ない期間がありますので、厳しい言い方になりますがその期間はじっくりと考え反省すべき時。
そして今後の家計プランを考えた際にはまず、質素な生活を意識し、収入にあった生活レベルをするようにしなくてはなりません。

事業の失敗を債務整理で乗り切る

債務整理についての資料は

また、債務整理は個人事業主に対しても適用されます。

例えば個人商店の運転資金の為に借り入れをしたが、思いのほか売り上げが伸びずに返済が出来なくなったような場合に債務整理を申し立てることができます。

 

ただ自営業主という事もありますし借入先が複数あり、また借入先によっては担保を提供していたり、不動産に抵当権を付けていたりする場合があります。
これらの場合債務の減額というより、まずは資産売却で債務の弁済に充てます。そしてその弁済が済んで、残りの借金をどのように弁済していくのかという議論に入ります。

 

個人事業主の場合は、何かと資産が豊富にあることが多く、その度に資産を抵当に入れることが多々あります。そして資金調達を円滑にしているのです。
ただ事業が失敗に終わってしまっては、その資産も手元には戻らず処分対象となります。そして自営業主の人ほど、信用を失うことに恐怖に近い感情を抱いており、そのため何が何でも返済しようと必死です。

 

もっというと自身で商売やっている人は月間1000万円売上上げる事よりも、月間1000万円借金出来る事の方を望みます。
売り上げを上げ、利益を出しても資金面でのバックボーンがなければ、砂上の楼閣である事を彼らは知っているのです。
だから個人で債務整理を申し立てる人よりも、自営業者のほうが信用の重みを熟知している人が多く借金の焦げ付き回避の為、最大限努力するそんな責任感の強い人が多いのが特徴です。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

債務整理でデメリットで気になるブラックリストとは
債務整理をするとブラックリストに名前が載ってしまう、と言います。代表的なデメリットとして気になるブラックリストについて。
債務整理が身近になった事のメリット
貸金業に関する法律の改正をきっかけに債務整理というものが身近になりました。つまり利用しやすい制度になったということですね。それによって利用者が得たメリットはとても大きなものだったのです。