債務整理の料金は気になりますよね。相場はいくら位になるのでしょうか?

債務整理の費用を抑える民事法律扶助制度

債務整理費用について説明する男性

専門家に依頼して債務整理をしてもらったら、いったいいくら位かかるのか?このことを心配する方が大部分だと思います。

現状でも返済がままならなくなり、行き詰まっている状態なのですから、いま支払えるお金なんか正直なところまったくない、という状態の方も多いはず。

 

しかし、専門家としても仕事で債務整理を請け負うわけですからどうしても費用はかかります。心配するあまり思いきれずに債務整理をためらっていては状況は悪くなる一方ということにもなりかねません。

 

そんな方のためには公的な支援制度として「民事法律扶助制度」といものがあり、現在まったくお金を持っていなくても立て替えてもらうことが可能です。
収入や資産によって利用するための基準があるのですが、債務整理をお考えの方は多くが利用できるはずです。

債務整理に必要となる費用の内訳

債務整理費用の内訳について説明する男性

債務整理する際に弁護士、司法書士に支払う金額としては、着手金と報酬金(成功報酬)があります。

さらに自己破産などで裁判所が関わってくる場合は、裁判所に納める予納金というものも必要となります。
その他には、手続き、連絡で必要となる収入印紙、郵便切手などの実費もかかってきます。

 

債務整理とはいっても、任意整理、自己破産、民事再生などのどの手続きによって債務整理するかによってかかる費用も大きく変わってきます。
また、弁護士、司法書士に支払う報酬額は自由化されていますから、それぞれの法律事務所によってまちまちの金額です。
つまり各事務所が自由に料金を決めているということであり、逆に業界内で料金統一しようとするといわゆるカルテルとなり独占禁止法違反になってしまうのが現実なのです。

民事法律扶助制度を利用した場合

具体的な費用について説明する男性

任意整理、自己破産、民事再生などいずれの債務整理を行った場合でも、民事法律扶助制度は利用できます。

上記でも説明しましたが民事法律扶助制度は総合法律支援法により定められた公的な制度。
これを利用すれば、いまお金をまったく持っていなくても債務整理の手続をすることができます。

 

さらに、この制度を利用した場合は、債務整理の費用が大幅に安くなる、という大きなメリットもあるのです。
なぜかというと、民事法律扶助制度では弁護士、司法書士への報酬額が一律に定められており、制度を利用しなかった場合と比較して大きく費用を減額できるのです。
最近の例では地域や案件によって違いがありますが、おおまかに以下の様に報酬額が定まっています。

 

  • 任意整理 1件 42,400円/2件 63,200円/3件 75,600円/4〜5件 133,000円
  • 自己破産 10〜15万円
  • 民事再生 13〜20万円

 

必要なのは上記の金額と予納金+実費となり、民事法律扶助制度には成功報酬というものはありません。
また、立て替えた費用は毎月5,000円位からの金額で返済が可能です。

民事法律扶助を利用するときは

民事法律扶助制度を利用したいときは、弁護士や司法書士との最初の相談時に、
「債務整理をしたいけれどもお金がありません。民事法律扶助という制度を利用したいのですが可能ですか?」
とあなたの方から申し出てください。

 

相談した法律事務所であなたの申し出を快く受け入れてくれるようであれば、その弁護士、司法書士に依頼するのが良いでしょう。
依頼する側、つまりあなたが民事法律扶助を利用したい、と申し出た時は、依頼される側の弁護士、司法書士はその意志を尊重しなければならないのです。
また、債務整理の費用について依頼者に説明する際には「民事法律扶助という制度があります」と告知する義務さえあるのです。

 

民事法律扶助制度について説明する男性

逆に、制度の存在を全く説明しなかったり、こちらから民事法律扶助の利用を申し出ても難色を示したりする業者であれば依頼するのを控えたほうが良いと言えそうです。
儲け主義の法律事務所は告知しないケースが多いようです。弁護士にとって余計に手間がかかり、そのわりに報酬が少ないために敬遠する法律事務所も少なくないのです。
反対に向こうからきちんと説明して、利用を勧めてくれる弁護士、司法書士はとても良心的といえますので、依頼する専門家選びの大きなポイントになりそうですね。

過度に心配せず相談してみる

債務整理をすすめる男性

お金のことで悩んでいるうえに、さらに新たなお金の心配はしたくない。そう思いますよね。弁護士に債務整理の依頼するなら、相当の金額が必要になるはず…それはもっともな気持ちです。お金のことは心配せずに、と言われたところでいずれ支払わなければいけないのは確かです。

 

ただ、私の経験から言えることは、時間をかけずになるべく早く解決するほうがメリットが大きいということ。そのお金は分割でもなんとか払えるものですし、上記のように公的な助けも得られます。お金の負担よりも得られる安堵感というか安心感、安らぎは比較にならないほどに大きいものです。

 

人目を避けるような気分で、鬱々と過ごしてきた毎日。それを考えれば充分に価値がある出費といえます。そして、このさきもうお金のことでは苦しまないという決意もできますしね。いや、本当にもうこりごりです、私は。なので、思い切って相談だけでもしてみるのがおすすめなのです。それによって新しい道が開けるかもしれないのですから。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

債務整理にはいくつもの種類がある
ひとくちに債務整理といってもいくつもの種類があるのです。利用者の状況に合わせて最適な債務整理の方法を選択してきます。
無料相談ができる借金問題
借金で困っている人の数はいまだに増加中です。全国の法律事務所、司法書士事務所では借金、債務整理、過払い金などの無料相談が行われています。さらにネットやフリーダイヤルでの無償相談サービスも増えました。
借金返済の督促が止まるのも大きなメリット
何度も電話、手紙で繰り返される借金返済の督促が止まるのも債務整理の大きなメリット。依頼さえすれば執拗な督促におびえることもなくなります。
返済する方法を考える
借金問題といえば返済が困難になるケースが一番といえます。特に最近多いのは収入が急に減って返済が滞るケース。そうなったら早めに手を打って解決しる方法をご紹介します。
債務整理 こんな法律事務所なら安心
債務整理を考えた時には依頼する法律事務所や弁護士はどうやって決めたら良いのでしょうか。CMでお馴染みの大手事務所か地元の弁護士さんか迷いますよね。