借金返済の督促がすぐに止まるのも債務整理の大きなメリットなのです

債務整理で本当に督促は止むのか

債務整理のメリットを解説する男性

債務整理というのは国が決めた債務減額、または債務免除の手段であります。

従って債務整理で得られる権利、つまりメリットの中に債権者が督促の申し立てができないというルールがある以上、債権者はいかなる方法を使っても債務者に対して督促を行うことはできません
実は債務整理を依頼した時、一番最初にありがたみを実感するのはこのことだと言われています。
たしかに私もあれだけ神経をすり減らしていた、執拗な督促から逃れられたのは大きなメリットだと感じたものです。

 

業者は督促をした時点でその業者は行政処分の対象となり、場合によっては都道府県知事の名の下で業務停止処分を下される可能性があるのです。
債務整理というのは債務者に与えられた最強にして最後の切り札といえます。
ここに至るまでの間、多くの債務者が金融業者の過激な取立てに頭を抱え、そして対応に苦慮してきましたが債務整理をしたことで、これらの督促は一切停止します。

 

申し立ては自分自身で行ってはなりません。

弁護士が裁判所へ債務整理に伴う自己破産や特定調停、または任意調停や民事再生といった法的整理の段階に入ったという礼状を貸金業者へ通告、または認知させなくては効力がないのです。
ただ状況によっては督促の電話が入った時点で貸金業者へ「私は債務整理を始める段階にあるので、詳しくは担当の弁護士へ言ってください」という逃げ文句は有効ですし、債務整理を始める段階である事を認知させる方法として十分な効力を持っています。

 

しかし「私は貴社への債務返済が出来そうにないので債務整理を検討しています」ではいけません。
何としてでも借金の弁済をさせようと死に物狂いで取立てに入るでしょう。
そのため、債務整理を伝える時はまるで伝家の宝刀を抜くように、神妙に貸金業者へ伝える必要があります。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

債務整理にはいくつもの種類がある
ひとくちに債務整理といってもいくつもの種類があるのです。利用者の状況に合わせて最適な債務整理の方法を選択してきます。
無料相談ができる借金問題
借金で困っている人の数はいまだに増加中です。全国の法律事務所、司法書士事務所では借金、債務整理、過払い金などの無料相談が行われています。さらにネットやフリーダイヤルでの無償相談サービスも増えました。
返済する方法を考える
借金問題といえば返済が困難になるケースが一番といえます。特に最近多いのは収入が急に減って返済が滞るケース。そうなったら早めに手を打って解決しる方法をご紹介します。
債務整理 こんな法律事務所なら安心
債務整理を考えた時には依頼する法律事務所や弁護士はどうやって決めたら良いのでしょうか。CMでお馴染みの大手事務所か地元の弁護士さんか迷いますよね。
債務整理の料金相場はいくら位?
債務整理を依頼するときに料金がいくら位になるのか気にせずにはいられませんよね。料金はどの位かかるのか心配ですが、弁護士、司法書士を選ぶときの決定的なポイントがあるのです。