第二の人生を明るく 過ごす

第二の人生を明るく過ごすために

債務整理後の生活はどうする

 

さて、債務整理によって自己破産の申し立てをし、晴れて免責を受けた元多重債務者は今日から借金ゼロの新生活が待っています。
もう忌々しい借金の取立てもありませんし、貸金業者の人が自宅に来ることもありません。免責によって法律で守られているのです。

 

しかし勘違いをしてほしくない事があります。それは自分の力で莫大な借金を返済したわけではなく、あくまで法律の力を借りて借金を返済しただけのことで、免責を受けても達成感は感じてほしくないという事です。他の債務整理の方法とは異なり、自己破産をした場合は法律の力で借金をゼロにしただけのことで、法律が見捨てれば引き続き借金の返済を続けていかなくてはならないのです。

 

債務整理という特別な救済手段で救われただけの事ですから、また同じ過ちを繰り返さないようにするためにどうしたら良いのかを考えてこれからの日常生活を送っていくべきでしょう。
そのためにはまず、これまでの生活レベルを見直すことから始めなくてはなりません。しかも徹底した見直しが必要です。
どうして借金が返せないくらいにまで膨れ上がったのかを考え、その原因が貸す側の過剰融資であると言えるのは第三者である裁判所です。
借りた側はは自身の経済管理能力のなさを反省すべきでしょう。それを踏まえて、これからは働いて得た収入だけでやっていく事、やり繰りしていく事に注力し節制をしていく必要があります。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

法律事務所 急増した理由と現状
過払い金請求や債務整理のテレビCMをよく目にするようになりました。法律事務所が急増しているのは事実のようです。その理由と現状、そして近い将来はどうなる?
法律事務所で債務整理が浸透
法律事務所で債務整理ということが広く浸透しました。大手事務所の全国展開などは、弁護士や司法書士にとっての環境変化も背景にあるようです。
過払い金返還請求ブーム以降の法律事務所は
過払い金返還請求ブームともいえる一時の活況がありましたが、それ以降の法律事務所の中には大きく業態を変化させたところも少なくないようです。
多重債務者はなぜ増加したのか
多重債務者は2000年代前半に急増しました。現在ではかなり沈静化していますが、ではこの時期になぜ多重債務が増加したのでしょうか。