キャッシング申し込み時の審査とは

クレジットカードとキャッシング機能

キャッシング機能がついたクレジットカード

 

近年では、キャッシングカードとしても利用できるクレジットカードも多くなり、キャッシングが身近な存在になりつつあります。けれども、金融会社にしてみれば、返済能力のある人にだけお金を貸したいと思っていますので、審査は必ずあります。
クレジットカードがキャッシングカードとしても使える時は、カードをつくる時点で審査の段階は済んでいるのです。新しくクレジットカードをつくる時には、キャッシング機能をつけるか否かを決められる項目が申込書にあります。

 

カード発行時の審査の段階で、クレジットカードのみのカードなのか、キャッシングカードとしても使うカードなのかが決まっているというわけです。クレジットカードをキャッシングにも使いたいという人は大勢いるため、クレジットカード会社も、そのつもりで審査を行っている傾向があります。人によっては、あえてキャッシング機能のつかないクレジットカードをつくることで、軽い気持ちでキャッシングをしないようにするようです。
審査をクリアしなかったために、クレジットカードを作ることができなかったという人がいます。クレジットカードの審査をクリアできるように、キャッシング機能の利用限度額を下げたり、キャッシングなしのカードにしたりします。

 

審査の通りにくさは、どこのクレジットカード会社を選ぶかでも、異なってくるようです。同じ条件で、違うクレジットカード会社に申し込みをしたところ、問題なく審査をパスできた方もいるようです。審査がきついという銀行系はやめて、他のキャッシング会社にすることで、審査に通りやすくなるかもしれないようです。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

関連ページ

おまとめローンってどうなの?
借金をこの先も同じように返していくには厳しい状況になりそう。そう思った時はおまとめローンという手があります。借金の総額はほぼ変わりませんが、月々の返済額を抑えていくためのものです。