特定調停とは

特定調停とはどういうことなのか

特定調停とは聞き慣れませんよね

 

特定調停とは、簡易裁判所が仲介役となり、債権者と債務者の和解を促す形の債務整理のことです。

 

和解というあくまでも交渉事なので必ずしもうまくいくとは限りませんが、安い費用でできますから成功すれば効率がいいと言えるでしょう。

 

ただし、債務者本人が自分で手続きのために奔走し自分の力で行うものですから必ずしも上手にできるは限りません。

 

特定調停って何?

 

特定調停は、簡易裁判所が仲介役となり、支払が困難になった借金返済を軽減させる話し合いをすることです。

 

話し合いの結果、借金返済が軽減されるとは限りませんが、成功すれば費用が安いことから「コストパフォーマンス」の高い債務整理になります。

 

もっとも、手続は自分で全てしなければならず、何度も簡易裁判所に出頭する必要があります。

 

簡易裁判所が仲介します

とはいえ、自分だけで消費者金融や信販会社に返済が苦しいから何とかしてほしいと言っても門前払いに合うでしょう。

 

しかし、簡易裁判所が選定した調停委員という人が仲介役となり、借金軽減の交渉を手助けしてくれます。

 

自分ではとてもできないことを手助けしてくれますし、費用も非常に安くできます。弁護士さんなどに依頼する場合に比べれば負担が少ないです。

 

成功するとは限らない

ただし、特定調停は成功するとは限りません。調停委員も債務整理のプロではないので、全く筋違いの交渉を始めてしまうこともあります。

 

また、必ずしも自分の味方ではないので「頑張って返しなさい」と調停の交渉をしてくれないこともあるようです。

 

消費者金融によっては「相手がプロではない」とバカにしてまともに応対してくれないこともあります。

 

特定調停のメリットは?

 

特定調停のメリットデメリットとは

 

このように一長一短ある特定調停ですが、全ての案件が失敗しているわけでもありません。

 

運が良ければ、相手が「早く終わらせたい」とか「自己破産されるよりマシ」と考え、交渉に応じてくれることがあります。

 

うまく交渉が妥結すれば、調停で決まった返済スケジュールに沿って返済すれば完済となるわけです。

 

話し合いで負担軽減ができるかも

簡易裁判所であっても、裁判所からの通知があれば消費者金融などもそれなりに対応してくれることが多いです。

 

債務の残額にもよりますが、さほど大きい金額ではなく一定額ずつであっても回収できるのであれば確実な方がいいと判断される事も少なくありません。

 

調停委員の方にどの程度の力量があるかにもよりますが、失敗ばかりではなく、すんなり話がまとまることも少なくありません。

 

安くできる

特定調停をする際には申請書に印紙を貼る必要があります。そして、郵送料相当額の郵便切手を提出する必要があります。

 

しかし、その金額は1社ごとに500円の印紙と、420円分の切手です。つまり1つの消費者金融ごとに千円以下でいいわけで、弁護士さんに依頼することと比べればかなりの差があります。

 

特定調停のデメリットは?

 

特定調停の情報は相談して得る

 

しかし、特定調停もいいことばかりではありません。デメリットもあります。

 

もともと特定調停は安く、手軽にできることがメリットです。その反面、専門家がいない状態で交渉をしなければいけないデメリットも無視できません。

 

もちろん誰も代行してくれないので、仕事を持っている人は休暇を取る必要があります。

 

すべて自分でしなければいけない

全ての手続を自分でしなければいけないというデメリットは、想像以上に大きいものがあります。

 

裁判所は平日の昼間しか開いていません。調停の日は多少の希望は聞いてもらえるものの、基本的に裁判所と調停委員が決めます。サラリーマンの方は大変でしょう。

 

調停基準はバラバラ

 

また、肝心な調停委員もプロではないため交渉が上手にできるとは限りません。弁護士さんが調停委員であればいいのですが、中には「街の有力者」であることもあります。

 

自分の事情を説明しても「借りたお金を返さないのは図々しい」と言わんばかりの調停委員もいるのです。もちろん、このような状態なので裁判所ごとに調停基準はバラバラで「当たりはずれ」が大きいと言えます。

 

特定調停の件数が少ない理由とは

 

最適な道を選んで進みたい

 

特定調停はこのようなメリットとデメリットとがあります。結論から先に述べると、特定調停はあまりお勧めできません。

 

先ほど述べたようなデメリットもありますが、中小の消費者金融の中には特定調停と聞いた瞬間「素人だから相手にする必要はない」と取り合わないこともあります。
このような消費者金融も弁護士さんが出てくると態度が変わることがあるのです。

 

希望通りの結果が得られないことも

このように特定調停はあまりあてになりません。せっかく時間を作って裁判所に通っても意味がありません。費用が安いのはいい事ですが目的が達成されなかったらもったいないですね。

 

そのため、特定調停より、債務整理を得意とする弁護士さんがきちんと交渉する任意整理がお勧めです。任意整理であれば、3年程度で完済することを条件にして利息免除という、ある程度の基準があります。

 

お金は高くなりますが、確実であり、かつ全ての手続を代行してくれるメリットは大きなものががあります。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

 

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

特定調停とはどういうこと?記事一覧

債務整理の中でも特定調停の場にステージを移したら、債務者の目的はより明確化します。要求する事はただ一つで、ローンの利息を免除してもらい元本だけの返済プランに変更してもらうことに付きます。債務整理というのは様々な妥協案の集合体であり、自己破産以外の3つの方法にはそれぞれ目的に応じた妥協プランを用意しているのです。ではこの特定調停の妥協案というのは何かというと、まず債権者と債務者の間には調停員という立...