特定調停で借金を減額する

特定調停の流れとは

返済残額を計算してみる

債務整理の中でも特定調停の場にステージを移したら、債務者の目的はより明確化します。

要求する事はただ一つで、ローンの利息を免除してもらい元本だけの返済プランに変更してもらうことに付きます。
債務整理というのは様々な妥協案の集合体であり、自己破産以外の3つの方法にはそれぞれ目的に応じた妥協プランを用意しているのです。

 

ではこの特定調停の妥協案というのは何かというと、まず債権者と債務者の間には調停員という立場の方が入ります。
この人は何かというと要するに裁判官であり債権者と債務者の話合いの調整役を行います。
調停員はこれまでたくさんの調停を見てみましたし、その度に大きなジャッジメントも下してきましたので、調整力に関しては非常に高い能力があります。
そして一般的には債務者の債務状況を一通り把握し、なぜ支払いが出来ない状況に陥ってしまい、何にお金を使ったのかを総合的に精査し妥協点を探ります。

 

その後債権者へ妥協案として債務の弁済放棄を要求するか、または利息減額などを提案し最終的にはこれらの目的を達成させます。
従ってこの一連の空気を見ていくと、頭に血が上った債権者をなだめそして妥協案を債務者に代わって提示し、それで納得してもらうよう努力するのが調停員の役目であり、言い換えるなら債務者の味方のようにも見えます。
これが特定調停の一連の流れであり、殆どの場合特定調停のステージで妥協が図られます。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。