債務整理を専門家に依頼する理由

債務整理について悩む女性

 

債務整理をするにあたっては、債務整理の手続きを依頼する専門家を選ぶことになります。

 

なのですが、実は債務整理の手続きは全て自分で行うことが可能です。

 

任意整理、個人再生、自己破産、さらに過払い金の返還請求であっても、すべてあなた自身が手続きすることができます。

法的にも何の制約を受けることもなく、法律に関する資格がなくても、さらに法律の知識さえなくても手続きは可能。

 

ただ、「可能」というだけで実際に行うとなると、素人がするとなればその道のりはとても困難です。

 

債権者との交渉で相手にされないことも

 

必要な書類を用意するために手配したり、何度も裁判所に出向いたりと手続き自体が煩雑です。

 

ある程度勉強して知識を身につけることが必要なのは当然として、時間と体力、そしてなんとしてもやり遂げる気力が必要。

そこまでして取り組むメリットはやはり圧倒的に安上がりということに尽きます。弁護士への手数料が一切かかりませんから実費のみ。

債務整理の方法や地域にもよりますが、数千円から2〜3万円が裁判所などに納める実費。

 

弁護士に依頼すると支払う費用は20〜30万円が平均的な金額になります。

ただし、過払い金返還の交渉、債権者との和解の交渉は自分で行ってもまともに相手にされない可能性もあります。

 

実は債権者には交渉に応じる義務はありません。なので素人が相手となれば門前払いやいつまでも先延ばしにされたりするケースもあります。

 

専門家に任せるメリットは大きい

 

上記の理由以外にも専門家に依頼した場合のメリットは支払う費用以上に大きなものがあります。

 

債務整理に精通している弁護士、司法書士であれば債権者との交渉により、金額、支払い期間などこちらにより有利な条件で和解できます。

 

債権者の貸金業者もプロが相手となれば対応せざるをえず、結局は早く、確実に手続きをすすめることが可能になります。

 

また、債務整理の手続をするにあたっては、まずはじめに必ず過払い金が発生していないかをチェック。発生していれば返還請求も並行して手続きしてくれます。

このチェックと請求の一連の手続きは、わたしたちが自分でする場合には債務整理とは別に進める必要があり、これも手数と交渉が大変なものです。

債務整理をどこに依頼したら良いのか

誰に依頼するかについて悩む女性

債務整理を依頼する相手を誰にするか、手続きを頼む相手ですが、現在、わたしたちに代わって債務整理の手続きをできるのは弁護士と司法書士です。

 

さらに、司法書士の中でも所定の研修を積んで法務大臣に認可された認定司法書士でなければ、債務整理の代理人となることができません。
※ただ、現在では司法書士のほとんどが認定司法書士の資格を所持しています。

 

また、司法書士は弁護士と比較して扱える案件にいくつかの制限があります。

 

  • 債務整理する債権1社あたりの債権金額の上限が140万円まで。それを超える金額の債権は扱えません。
  • 自己破産、個人再生については申立書類の作成は代行できますが、届け出できる手続代理人となることはできません。
このように弁護士と比較して司法書士には扱える案件にいくつか制限があるのですが、そのかわり弁護士と比較して総じて手続き費用が安いのです。

 

債務整理する借金の金額とどの手続をするかによって、弁護士に依頼するのか、司法書士に依頼するかを選ぶのが良いでしょう。

 

トップページへ戻る

借金返済を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。