債務整理はタイプ別に分けられる

借金を返せる宛てがありません

 

簡単に言うと借金が返せなくなり、この先返せるアテもない時に選ぶ、借金問題の解決方法が債務整理です。

 

債務整理の代表的なものに任意整理がありますが、任意整理だけが債務整理ではありません。

 

債務整理には数種類あって、これまでの借金を法律で定められた何種類かのプロセスによって、全額棒引きや利息をカットしたり、元本も大幅に減額する手続きです。

 

決して特別な人への特例措置というわけではありません。全ての国民に認められている、誰もができる手続きです。

 

法律に定められた方法というと複雑な手続きがありそうですが、むずかしいことはありません。実際には債務整理はそのほとんどを専門家に依頼することになるからです。

 

債務者自身が行うことが可能

 

正確に言うと法律上は債務整理する本人がみずから債務整理の手続きを進めることもできるのですが非常に困難であり現実的な選択ではありません。

 

債務整理の諸手続きは法律事務所の弁護士であったり、司法書士が担うことになります。

 

専門家が多重債務者など借金の重圧に苦しんでいる私たちを解放すべく債務整理の手段に従って合法的に債務の圧縮、減免を図るわけです。

 

債務者の現状に最適な方法を選ぶ

 

債務整理とひとくちに言っても、いくつもの種類があります。大きく分けても次に上げる4種類の方法があり、あなたが抱えている債務(借金)の金額、そして収入財産や保証人の有無本人の要望など幾つかの要素から、ベストな方法を選択していくのです。

 

  1. 任意整理 …… 債権者と交渉して借金を減額する
  2. 特定調停 …… 裁判所の仲介で債権者と交渉、減額
  3. 個人再生 …… 裁判所に申し立てて借金を大幅に減額
  4. 自己破産 …… 裁判所に申し立てて借金返済を免除

 

減額して返すか、棒引きにして再起を早めるか

 

以上4種の債務整理の中でも一番選ばれている任意整理は、簡単に言うと借金にいままでかかっていた利息、そしてこれから将来に亘ってかかってくる利息をカット。

 

併せて過払い金の返還請求を行うなどしてなるべく債務の減額を目指します。その上で再計算し、さらに返済しやすく再分割して返済していくもの。

 

そして、多くの方が一番耳にしていることが多いと思われるものが、自己破産という債務整理の方法で、これは借金の全てをゼロにする手続き。

 

債務全てをなくしてしまうのと引き換えに、相応のペナルティーが課せられますが、自己破産の事実を人に知られることはありません。

 

減額しても返済が大変であれば無理して返し続けるよりも、自己破産で一気に債務を解消することが、結果的に生活の再建を早めることにもなります。

 

こちらも合わせて読みたい

トップページへ戻る

借金返済を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。