消費者金融の取り立て電話もストップ

消費者金融からの電話はもう来ない

 

債務整理をするとき、通常では、まずはじめに弁護士や司法書士に債務整理を依頼します。

 

依頼され手続きを始めるにあたり、あなたがお金を借りているすべての消費者金融などの債権者に対して弁護士、司法書士は受任通知をするのです。

 

つまり、あなたに代わり弁護士が債務整理の手続きをすることを貸金業者に知らせるのです。

 

その時点から、貸金業者はあなたに対しての請求、督促はいっさいできなくなります。直接取り立てることはもちろん、電話でも郵便でも同じです。

 

すべての連絡は委任した代理人の弁護士、司法書士を通じてしか取れなくなるからです。

 

取り立てが止まり安堵する

実は債務整理を依頼した時に、一番最初にありがたみを実感するのはこの「取り立て」が止まる、ということ。

 

わたしも毎日のようにやって来る消費者金融からの取り立ての電話にビクビクと神経をすり減らしていました。

 

執拗な取り立て、督促がピタッと止まり電話も鳴らなくなったのは何にも代えがたい大きな安らぎに感じられたのです。

 

ちょっとオーバーに聞こえるかのしれませんが、それだけ精神的に追い詰められ疲弊しきっていたのが当時のわたしでした。

 

返せるものなら返したいと思いながらも返せない、いくら電話が来ても、督促状が届いてもどうしようもないのは本当にストレスでした。

 

どの債務整理にも共通します

 

これはうれしいメリットになる

 

このメリットは自己破産、任意整理、個人再生など、どの債務整理をするにもあたっても共通するメリットです。

 

しかし、特定調停については代理人を立てない手続きですから、裁判所から債権者への通知で取り立てが止まります。

 

そのため、手続きを開始して裁判所への申立後に消費者金融などの各債権者に通知が郵送されます。

 

なので、弁護士、司法書士に債務整理を委任した場合と比較するとかなりタイムラグが生じます。

 

弁護士に依頼すると即日取り立てがストップする任意整理や自己破産と比べるとかなり時間が必要になるでしょう。

 

債務整理手続き中の積立金

話はちょっと変わりますが、債務整理手続きが開始すると、消費者金融からの取り立てが止まりますから若干ですがお金に余裕ができますよね。

 

月々の返済に追われていたのですから消費者金融等の貸金業者に返済していた金額が浮きます。

 

そこで手続き開始から完了するまでのあいだに返済に充てていたお金を積み立てるように弁護士から言われることがあります。

 

債務整理の手続き中はこのように依頼人に指導する法律事務所、司法書士事務所が増えているようですね。

 

返済に備え弁護士費用にも充当

返済で諸費者金融に払っていた分のお金を貯めておくのですが、これは任意整理手続き後に再び返済を続けるための練習と言う意味合いもあります。

 

返済が中断することで余分なお金が手元に残ることになりますが、それで無駄遣いしたりすることも防げます。

 

さらに、手続き後には弁護士費用が必要になるのですが、積立てておいて費用の一部にするねらいもあるのです。

 

また、この積立ができないようでは手続き後の生活にも不安があると言わざるを得ません。

 

任意整理後に再び返済が滞るようでは債務整理した意味が無くなってしまうからです。

 

取り立てが止まったここからが生活再建の第一歩になりますから、きっちり節約してよりたくさん前倒しする勢いで積立て新しい生活を充実させましょう。

トップページへ戻る

借金返済を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。