お金を借りる時に心がけるべきポイントとは

お金の借り方って

 

借金は絶対にいけないと決めている人がいます。返済に苦しむ人を見たことがあるからでしょう。しかし、借金のコツを知っていれば怖くありません。

 

また現実的に考えると借金をしなければ叶わないものも多いのです。マイホームを持ったり、車を買ったりする時に現金で手に入れるのはごく少数の方のはず。

 

ほとんどの方はローンを組み金融機関に立て替え払いをしてもらう「借金」をして夢を叶えているのが現実です。また、起業し新しく事業を始めようとするときも銀行や公庫にお金を借りるのがごく一般的なケースですよね。

 

ほとんどの人が一生のうちに多額の借金をしてきているのが普通なのです。そのためもあって万が一返済できなくなった時も対処手段があります。お金がないからとあきらめる必要はありません。

 

理由を明確に

まず、借金をするときには、なぜ借りるかを明確にする必要があります。生活費が足りないからとお金を借りるのは返済できなくなる原因です。

 

一時的な失業なら別ですが、毎月のように借金を続けていたら返済資金が捻出できなくなることは明白だからです。お金を借りる前に自分の生活を引き締めたり、生活保護を受けたりするなどの手段を考えるべきでしょう。

 

理由のない借金はNG

理由のない借金をする習慣がついてしまうと、ダラダラと借金残額が増加します。決して問題があるローン商品ではないのにカードローンが悪者と言われるのは、理由のない借金をしてしまいがちだからです。

 

カードローンは借りやすい借金の手段ですが、それをいいことに「なんか今月ピンチだから」と借りることを繰り返すと返済が追い付かないまま残額だけが膨れ上がります。

 

無節操な借金化は危険

理由のない借金をしていると、このように借金を繰り返す原因となります。自分が稼いだ給料と借金は、お金を手にできるという点では同じですが、自分のお金か他人のお金かという点で違いがあります。無節操な借金を繰り返す人の多くは、この違いに気が付いていません。

 

キャッシングとは?

 

キャッシングの気軽さに要注意

 

では、借金の手段としてよく使われている「キャッシング」とは何でしょうか。

 

キャッシングとは、キャッシュつまり現金を手軽に手にできるという意味で使われています。カードローンやクレジットカードについているローンサービスは、コンビニなどのATMで気軽に利用できます。利用限度額以内であれば、すぐに借りることができるので便利なことは間違いありません。

 

必要な時にすぐ借りることができます

このようにキャッシングは、自分が必要とする時にすぐ借入ができます。そのため、機動的な借入ができるため、いきなりお金必要になったときにも余裕をもって対応できるのです。

 

通常の「フリーローン」と呼ばれるローンは、申込や審査が必要です。これに対し、カードローンやクレジットカードのローンサービスは一定の限度額以内であればすぐ利用できます。

 

借りすぎ注意

しかし、この便利さはカードローンなどの欠点の一つです。借りやすいのはいいのですが、よく考えずに借りてしまいがちでしょう。この点だけは十分気を付けてキャッシングを利用することが大切です。

 

返済のポイント

 

最初に返済のことを考える

 

キャッシングも借金ですから利用したら返済が必要です。そして、返済のコツは「できるだけ早く返す」ことに尽きます。

 

借金をすると利息支払が必要ですが、利息計算は日割り計算です。そのため、毎日のように利息が増えるため、1日でも早く返すことで自分の負担が減ります。

 

早めに返済

このように早めに変位することが大切ですが、全額を一気に返済できるとは限りせん。すぐに借りた資金をそのまま舞返済できるのであれば借金をする必要は最初からなかったでしょう。

 

ただ、カードローンなどの返済額を消費者金融などが決めた「最低額」に留めていると、なかなか返済が進みません。なぜなら、この金額は利息だけ回収することしか考えていないからです。

 

繰上返済の活用

では、実際に早めに返すためにはどうすればいいのでしょうか。カードローンもクレジットカードも、繰上返済と言う方法を取ることで返済を加速することができます。借りるときはATMで借りたように、繰上返済もコンビニなどのATMでできるのです。

 

預貯金をした時の利息よりも借金にかかってくる金利のほうが高額なのはおわかりですよね。ですからなるべく「貯めるより返す」を心がけ、借金はなるべく早く解消していくのがおすすめです。これはカードローン、クレジットカードの利用についても同じことが言えます。

 

こうなったら要注意

 

借金という感覚が薄れてきた危険な状況

 

ただ、中には返済をしないまま借金残額が膨れ上がってしまった人もいらっしゃるでしょう。銀行やコンビニのATMでまるで自分の口座から引き出すようにお金を気軽に借りられますから、ともすると陥りがちな感覚です。

 

しっかりと借金をしている自覚を持ち続けられればよいのですが、その大切な心がけがついつい薄れがちなのも人間の弱さというもの。そんな状況になってしまった人はどうすればいいのでしょうか。

 

返済額が増えてきた

カードローンなどの最低返済額は、利用残高が増加するとともに増えます。利息相当額が増えるからです。

 

カードローンを使っている人の中にはジワジワと返済額が増加してきたと実感している人もいらっしゃるでしょう。こうなったら「黄信号」と思うべきです。

 

返済額が増えて支払がちょっときついと思うようになったら、一度自分の生活態度などを見直した方がいいでしょう。この段階で踏みとどまれば問題なく解決することがほとんどです。

 

多重債務

カードローンを利用し続けると、そのうち借りることができなくなります。限度額があるからです。この時、別の消費者金融で借入の申込をすると応じてくれることがあります。しかし、返済額が増加することは言うまでありません。

 

つまり借金の返済のために、別の金融機関から借金をするようになったらもう赤信号です。いわゆる多重債務者がおちいる典型的なパターンとなっているのです。

 

給料のほとんどが借金返済に消えてしまうようになったら要注意です。こうなると返済を安定して続けることはできないでしょう。

 

こうなった場合、早めに専門の相談窓口に現状を話して解決策を聞くことが必要です。区や市、地域の弁護士会などで借金問題の無料相談に応じてくれる窓口がありますから検索して調べてみるのがおすすめです。

 

また借金問題解決のCMなどでおなじみの債務整理を得意とする弁護士事務所、司法書士事務所でも無料相談に対応しています。

トップページへ戻る

借金返済を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。

お金を借りる時のポイントは記事一覧

金融会社が取り扱っているキャッシングの中に、おまとめローンと呼ばれるものがあります。どのような仕組みのものが、おまとめローンと呼ばれているのでしょうか。おまとめローンは、数社から借りているキャッシングを一社にまとめることで、返済の利便性を高めるというものです。今までより金利条件のいいところでおまとめローンが借りられれば、利息が減って、返済額が少なくなることもあります。総量規制の枠組み縛られないため...

近年では、キャッシングカードとしても利用できるクレジットカードも多くなり、キャッシングが身近な存在になりつつあります。けれども、金融会社にしてみれば、返済能力のある人にだけお金を貸したいと思っていますので、審査は必ずあります。クレジットカードがキャッシングカードとしても使える時は、カードをつくる時点で審査の段階は済んでいるのです。新しくクレジットカードをつくる時には、キャッシング機能をつけるか否か...